男性 男性
  1. ホーム
  2. 国内海外メーカーを比較

国内海外メーカーを比較

医薬品

国内メーカーバイアグラジェネリックの特徴

バイアグラジェネリックが出始めたのは、バイアグラ特許が2014年に切れたためです。ジェネリックとは、成分が同じで医薬品の製法が違うということです。ですので、安価で購入できるため、利用しやすい傾向にあります。バイアグラジェネリックは「シルデナフィル錠」という医薬品で25mgと50mgがあります。値段もさほど変わらないので、EDに悩まれている方のほとんどが、50mgを処方希望する傾向にあります。バイアグラは基本水で飲む錠剤タイプですが、唾液で溶けるタイプや味が選べるタイプもあります。唾液で溶けるバイアグラのタイプは早く溶けることから、若干効果が早くなることが期待されております。また、バイアグラの味が選べるというのは、薬の苦味を和らげるためにコーヒー味やレモン味があるそうです。しかし、上記2点は通常のバイアグラよりも割高になってしまいますので、予算と見合わせて選びましょう。

海外メーカーバイアグラジェネリックの特徴

バイアグラジェネリックは海外メーカーも人気があります。理由として、バイアグラ1錠あたり国内メーカーの半値以下で購入することが出来るからです。海外のバイアグラジェネリックの主な種類は「カマグラ錠」で50mg、100mgとあります。また、バイアグラジェネリックは錠剤だけでなく、ゼリータイプで味もさまざまな種類があり豊富です。バイアグラジェネリックの入手方法として、よく個人の輸入代行サイトで利用されています。国内の医療機関は皆無に等しいです。海外メーカーは安価で人気がありますが、副作用を調べて購入することを推奨します。