男性 男性
  1. ホーム
  2. 処方は医療機関で

処方は医療機関で

サプリ

正規品とジェネリックの差は効果のタイミング

ジェネリックとは特許の関係で製法が違いますが、成分は同じです。つまり、バイアグラのジェネリックはバイアグラの製法は異なりますが、成分は同じですので、得られる効果は同じなのです。バイアグラの有効成分が同じということは、バイアグラの服用のルール、副作用も同じです。バイアグラ正規品とジェネリックの異なる点と言えば、製法に違いがあるため、成分効果が現れるタイミングが変わることです。そのタイミングも1時間前後の時差と福岡での報告もあります。

バイアグラジェネリックと服用禁忌薬

バイアグラの正規品とジェネリック、服用で気をつける点は同じです。正規品、ジェネリックと関係なく、バイアグラを正しい容量用法で服用しましょう。バイアグラを服用すると副作用があります。副作用を避けるために薬を併用してもよいのですが、バイアグラのジェネリックで併用すると危険な薬があります。現在服用中の薬が服用禁忌薬かどうか飲む前に、福岡で購入を検討されている方は事前に確認をしましょう。

薬の選び方や服用方法は自己判断しない

バイアグラのジェネリックを選択するのにも様々です。成分の効果や形状、特徴、大手の製薬会社など基準があります。個人の感覚や口コミなど人気のものや低価格のものもあると思いますが、なるべく福岡の医療機関で処方を推奨します。福岡ではバイアグラを服用する際に、注意事項を自己判断で解釈し事故につながるケースがあり、最悪心肺停止の状況もありました。ですので、薬の処方は医師の判断に従い注意点を理解し正しく服用しましょう。